業務内容 商標

キルパトリック・タウンゼントは、他の一般業務を行う法律事務所が知的財産の価値を認識するようになる遥か前に、商標および不当競争の分野での評判を確立しました。当事務所は20世紀初頭、
COCA-COLA のマークを初めて連邦登録することに成功し、後に
Coca-Cola Co. 対 Koke Co. of America、 254 U.S. 143 (1920)の訴訟において、最高裁を説得しCOCA-COLA社の主張を支持する判決を獲得しました。さらに当事務所は、特徴ある曲線をもつCOCA-COLAのビンについて、商標ベースの権利の確立を支援しました。
現在、これは世界で最も有名なトレードドレスのひとつとなっています。キルパトリック・タウンゼントはこの伝統の上に着実に実績を重ね、今日では国内および国際的商標関連業務において広く知られるようになっています。

当事務所は商標の価値を理解し、顧客がそれを確保、保護し、その価値を最大化するよう鋭意支援しています。当事務所は、これまでの経験、豊富なリソース、積極的なアプローチにより、顧客の非常に貴重な資産を保護するためのプロセスを効率化します。

当事務所は、何十という世界有数のブランド所有者のために、広域にわたる国際的なクリアランス、出願、登録、維持、記録、権利行使プロジェクトを取扱っています。55,000以上の有効な商標出願と登録を管理し、約2,000の紛争中の国際商標紛争を扱っています。顧客が全面的なブランド戦略サービスを要請する場合も、必要な状況になったときにのみサービスを利用する場合も、キルパトリック・タウンゼントは、多くの専門分野を含む包括的かつコスト効率のよい国内および国際サービスを提供します。