業務内容 特許再審査・当事者系紛争

2011年に米国発明法が成立し、特許審判部(PTAB)が設立されたことで、当事者系 特許再審査の代わりに以下の二つの当事者系紛争手続きが導入されました。当事者系レビュー(IPR)と付与後異議申立て(PGR)です。有効期限が切れていないすべての米国の特許については、元の査定系特許再審査を引き続き利用できます。IPRとPGR手続きの導入は、特許の有効性への異議申立てに関する戦略的検討事項に影響を与える、手続き上の変更をもたらします。

特許再審査と当事者系 紛争手続きに関する総合的経験と知識を集中させるため、キルパトリック・タウンゼント特許再審査および当事者系紛争チームが結成されました。これは、特許出願手続と特許訴訟の両方の問題に深い経験を持つ弁護士を含むよう特別に設定された専門チームです。このチームのメンバーは、広範にわたる科学およびエンジニアリング分野での教育および業界経験を持っており、これは最も複雑な技術的問題にさえ対応できる専門知識を備えていることを意味します。キルパトリック・タウンゼントの訴訟弁護士は、的を絞った効率的な証拠開示手続きの実施と、勝利に導く口頭弁論で知られています。これらのスキルは、新しいIPRおよびPGRの手続きにおいて必要不可欠なものとなります。

キルパトリック・タウンゼントの特許再審査および当事者系紛争手続きチームは、 特許所有者および第三者の申請者の両方の代理として、これまで米国特許商標局で100件以上の特許再審査手続きを取扱ってきました。再審査およびヨーロッパでの異議申立手続きにおける経験と特許訴訟における強みを備えているため、キルパトリック・タウンゼントは顧客が新しいIPRおよびPGR手続きがもたらす困難に対処する際に、適切なガイダンスを与えることができます。