業務内容 著作権

技術が急速に進化しているため、自社の知的財産を守り、グローバルな環境で事業を行うリスクを最少限に抑えようと努める企業にとって、新しく、また多くの場合、分かりにくい法的問題が発生しています。キルパトリック・タウンゼントの弁護士は、顧客が流動的な経済的および法的環境の中で著作権のポートフォリオを確立し管理するにあたり、実践的かつ戦略的なソリューションを提供します。経験豊富な弁護士は、このプロセスを効果的かつ効率的にリードすることができます。

キルパトリック・タウンゼントの弁護士は、実際上あらゆる業界および世界中の顧客を支援します。こうした豊富な経験があり、法的および技術的変化に絶えず留意することにより、キルパトリック・タウンゼントの弁護士は、ほとんどどのような顧客に対しても貴重な助言をする力を備えています。

キルパトリック・タウンゼントは、顧客の著作権をしっかりと権利行使し、侵害請求に対しては断固とした態度で弁護します。紛争が生じた場合、弁護士は事実と訴訟の本案を分析し、顧客との協力の上で、訴訟なしの解決を重視した行動計画を立案します。法廷外での解決がいつでも可能ではないため、その場合には、各地で戦略的かつ経済的に著作権侵害に対する訴訟を起こします。

キルパトリック・タウンゼントの弁護士は、以下のような広範にわたる法的問題に関わる案件において顧客の代理として成功を収めてきました。

  • 公正使用
  • 著作権乱用
  • 創作性
  • 美的機能性と概念的分離可能性
  • 共著と共同所有
  • 損害と弁護士費用の回収
  • 「薄い」著作権 (”Thin” copyright)
  • 1972年以前の録音
  • マージ理論、ありふれた情景の理論、パブリックドメイン
  • 職務著作契約